ドラマ「私、定時に帰ります」1話感想。シシドさんワロタw

このページを見たあなた、定時に帰ってますか?

4月16日火曜日、ドラマ「私、定時に帰ります」がスタートし、第一話が放送されました。

4月16日に定時に帰れなかった人はこのドラマ見られなかったかもしれませんね。

この記事ではそんなあなたのために「私、定時に帰ります」の1話の感想をお届けします。

世間の感想もついでにまとめておきますので最後までご覧ください^^

早速いきますね。

スポンサーリンク








ドラマ「私、定時に帰ります」1話感想

ドラマ「私、定時に帰ります」は主人公の東山結衣(吉高由里子)が毎日定時の6時に退社する物語です。

なぜかこの東山さんの周りには彼女を定時退社させないような雰囲気を作り出す人がたくさんいます。

1話目に登場したのはシシドカフカさん演じる三谷佳菜子です。三谷は小学校のころから一度も休んだことのない皆勤賞女と呼ばれる人物。

一つのプロジェクトが終わって定時で帰ろうとする東山に対して、三谷は「みんなをねぎらうために飲みに行ったりしないのですか?」など言ってきます。

東山は「みんな早く帰りたいでしょう」っと言ってサラッと定時上がりしちゃいましたが。

東山と三谷はそれぞれ新人育成の担当になるが、育成方針は正反対で、東山は仕事は時間内に終わらせて定時に上がりましょう、というタイプ。

一方三谷は仕事は気合、根性も必要で残業は当たり前、というタイプ。

絶対東山さんが先輩が良い!定時で上がりたいよ。。

当然三谷の指導している新人はキレて会社を辞める始末。

辞める時に三谷のパソコンのロックパスワード変えちゃって、パソコン開けなくさせちゃったみたいだね。どんだけ恨まれてたんだ笑

三谷がこんな必死な感じになってしまったのは理由がありました。

就職したタイミングがちょうど氷河期の時で、何度も何度も面接に落ち、手に入った内定もいつ取り消されるか不安だった、と。

そのため自分の時間を仕事だけに費やして、認めてもらうしかないんだ、と思っていたようです。

気持ちはわかるわ~。仕事首になりたくないもんね~。

しかし、三谷は自分の何が間違っていたのかわからないため思い詰めてしまい、会社を無断欠勤してしまいます。

なんとなく短絡的な行動に見えますが、そうでもしないと精神が耐えられなかったのかもしれませんね。

自宅に引きこもっていた三谷のところに東山が訪ね、自分の過去を話し始めます。

なんと東山も昔はバリバリ長時間働きマンだったようです。体を壊してしまったため転職を機に定時上がりマンになることを決意したみたいです。

正直定時で上がろうが長時間残業してようがどっちでもいいと私は思っています。

なぜ他の人の働き方に干渉するのか全然理解できません。帰りたいのだから帰らせてあげればいいのではないかと思っています。

もちろん自分の分の仕事は終わらせるのが条件ですが。

ドラマの中で三谷が新人に「新人は始業30分前には出社するものだ」というセリフがありました。

これは今言ったら完全なパワハラですし、早く出社した分の前残業代を支払わないといけないので気をつけましょう。

業務上の必要性があれば言っても良いですけど、この場合何の必然性もないのでアウトでしょう。

ちなみに最終的には東山と三谷はわかりあえたようです。

それではこのドラマをみた他の人の感想を見てみましょう!

ドラマ「私、定時に帰ります」を見た世間の声は?

ドラマの内容を自分に当てはめちゃってる人も多いみたいですね。。

早く定時で上がるのが「普通」になる世の中が来ると良いのですが。

ドラマ「私、定時に帰ります」1話の感想まとめ

定時で帰りたい人も、もっと残業したい人も楽しく見られるドラマ、いや世の中になると良いなと思っています。

私個人としてはドラマ自体楽しんでみることができたので、今後の展開が楽しみです。

次の火曜日も定時退社してテレビの前で正座待機しようと思っています。

それでは以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。