映画『名探偵コナン 紺青の拳』のネタバレ、あらすじ、感想【最新】

2019年4月12(金)に名探偵コナンの映画23作品目『名探偵コナン 紺青の拳』が全国東宝系にて公開されます。

名探偵コナンの映画は毎年公開されているので、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • 映画『名探偵コナン 紺青の拳』のネタバレあらすじ
  • 映画『名探偵コナン 紺青の拳』の感想
  • 映画『名探偵コナン 紺青の拳』のお得情報

についてまとめましたのでご紹介しますね。

⇒映画『名探偵コナン 紺青の拳』を見る前に前作まで一気に見直すにはこちら

それでは早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク








映画『名探偵コナン 紺青の拳』のネタバレあらすじ

映画『名探偵コナン 紺青の拳』は映画23作品目ということで、もう毎年の春の風物詩のような作品になっていますね。

今回の映画『名探偵コナン 紺青の拳』は園子のボーイフレンドである京極真と怪盗キッドがキーパーソンとなっていて、隠れ京極ファン必見の作品になっています。

京極さんと怪盗キッドは少なくない因縁があるそうなのですが、それはいったいなんなのでしょうか?

前作の『名探偵コナン ゼロの執行人』では安室さんが大人気となったので、今回の京極さんの活躍も注目しています。

また今回は映画版初の海外を舞台にしていて、シンガポールまで行ってしまいます。

シンガポールの有名ホテル「マリーナベイ・サンズ」も舞台になっているので、行ったことある方はより一層楽しめるかもしれませんね。

ネタバレあらすじについては映画公開後に更新しますので、公式のあらすじを載せておきます。

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズにて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた──。一方、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。

それでは続いて感想を見ていきましょう!

映画『名探偵コナン 紺青の拳』の感想

映画『名探偵コナン 紺青の拳』が公開され次第更新いたします。

4月の映画公開が待ち遠しいですね。

映画『名探偵コナン 紺青の拳』のお得情報

映画『名探偵コナン 紺青の拳』をお得に鑑賞しよう、ということで2つの情報をお届けします。

お得情報その1

映画『名探偵コナン 紺青の拳』には特別試写会が用意されていて、人数限定にはなってしまいますが、一般公開に先駆けて映画を見ることができます!

対象の日時と地域、対象人数は下記の通りです。

特別試写会の日程と募集人数
  • 3/30(土)東京 ⇒ 740名様
  • 3/30(土)大阪 ⇒ 700名様
  • 3/31(日)北海道 ⇒ 600名様
  • 3/31(日)名古屋 ⇒ 480名様
  • 3/31(日)福岡 ⇒ 570名様

応募方法は小学館の各雑誌を購入して対象のページをご覧ください!

お得情報その2

映画『名探偵コナン 紺青の拳』の前売り券を購入するとオリジナルクリアファイルが付いてきます!

これは非売品のものなので前売り券購入でしか手に入りませんよ。

オリジナルクリアファイル付き前売り券は2019年3月1日(金)から全国の劇場で発売開始です!
欲しい方は忘れずに購入してくださいね。

まとめ

映画『名探偵コナン 紺青の拳』のネタバレあらすじと感想についてまとめてきました。

今回の映画の注目ポイントは京極さんと怪盗キッドの関係です。

早く見たい人は特別試写会に応募しましょう!

オリジナルクリアファイルも忘れずにゲットしてくださいね!

それでは今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!