マルティネス(日ハム)の球種は何?投げる割合や抑える秘訣は?

Nick Martinezスポーツ

日ハムのマルティネス投手の球種がどんなものがあるのか気になる方に向けてお伝えしています。

2018年に日ハムの投手として来日し二桁勝利と大活躍!来年も残留の契約をしてくれたニック・マルティネス投手

右投げのマルティネス投手ですが、対戦成績として左打者が得意のようです。通常右利きの投手は左打者には相性良くないのですが、なぜ抑えられるのでしょうか?

その秘訣をマルティネス投手の球種とともに見ていきます!

スポンサーリンク








マルティネス投手の球種とその割合について


日ハムのマルティネス投手の持っている球種は以下の通りです。

  • ストレート 27.59%
  • カットボール 24.6%
  • シュート 14.68%
  • チェンジアップ 18.36%
  • カーブ 12.32%
  • カットファストボール 2.3%

中々の球種が揃っていますね!キャッチャーもリードし甲斐がありそうです^^

その中でもストレートとカットボールの割合が高く二つで全投球の半分以上を占めています。大きな変化をさせるというよりは鋭い変化で打者と向き合うタイプ、というイメージですね。

実際の投球シーンでも、140kmを超えるカットボールを軸にストレートとチェンジアップで打ち取っていることが多いです。

また、個人的な意見ですが、カーブを習得している外国人というのは珍しい気がしますね。外国の選手は落とす球を投げないし、投げてこないから投げられると打てない、という気がします。

さて、なぜマルティネス投手は左打者に強いのでしょうか?
その秘密について迫ってみましょう!

マルティネス投手が左打者に強い理由とは?

前項ではマルティネス投手の球種の割合を見てみました。
ここでは右打者と左打者それぞれに対する配球を見ていきたいと思います。

マルティネス投手の左打者に対する球種割合について

マルティネス投手の左打者に対する球種と割合です。※データが荒くて申し訳ございません。

  • ストレート 17%
  • カットボール 32%
  • チェンジアップ 29%
  • カーブ 3%

マルティネス投手の右打者に対する球種割合について

マルティネス投手の右打者に対する球種と割合です。※データが荒くて申し訳ございません。

  • ストレート 28%
  • カットボール 38%
  • チェンジアップ 7%
  • カーブ 10%

マルティネス投手の配球の考察

マルティネス投手は明らかに右打者と左打者で配球を変えています。一番わかりやすいのはチェンジアップとストレートの割合です。

右打者に対してはストレートが多く、左打者に対してはチェンジアップが多いです。
ちなみに右打者へのストレートは打ち込まれることが多い球種でもあります。。

右打者に対してカットボールが増えて、左打者に対してチェンジアップが増えることから外角攻めが好きなのかな?

しかし試合を見てみると、左打者に対する内角低めのカットボールが一級品で、これが武器になっていることがわかります。

チェンジアップの威力が増せば右打者の内角攻めもできて来年はもっと無双状態が見られるかもしれませんね。

この記事をご覧のあなたには必要ないかもしれませんが、日ハムマルティネス投手のプロフィールを簡単にご紹介します!

日ハムマルティネス投手のプロフィールについて

ニック・マルティネス

ニック・マルティネス

  • 登録名/本名 ニック・マルティネス
  • 生年月日 1990年8月5日(28歳)
  • 身長 185cm
  • 体重 90kg
  • 出身地 アメリカ合衆国
  • 投打 右投げ/左打ち
  • 経歴 フォーダム大-レンジャーズ-北海道日本ハム(18~)
  • 登場曲 Come Together(Gary Clark Jr. & Junkie XL)

バリバリのメジャーリーガーでMLBからオファーがあったのに日ハムに来てくれて、来年も残ってくれるなんて、日ハムの居心地がホントに良いんでしょうね^^

マルティネス 日ハム残留の喜びの声

マルティネス(日ハム)の球種についてのまとめ

ここまでマルティネス投手の球種や抑えられる秘訣について見てきましたが、一つまとめてみましょう。

  • マルティネス投手は左打者に対して右打者より1割以上被安打率が少ない
  • マルティネス投手は左打者に対してはチェンジアップを増やす
  • マルティネス投手は2019年も日ハムに残留!!(日ハムファンへのメリクリプレ)
  • マルティネス投手は2017年までMLBレンジャーズに所属

来年も日ハムに残留してくれたということで、来年の活躍がホントに楽しみですね!
ぜひ球場に見に行きましょう!