中林大樹とは|結婚した竹内結子とはストロベリーナイトなど3回共演!

2019年2月27日、幸せなビッグニュースが飛び込んできました!

人気女優の竹内結子さんが事務所の後輩である俳優の中林大樹さんと結婚したとのことです。

中林大樹さんといえば最近竹内結子さんとの焼き鳥デートがスクープされていましたが、結婚まで進んだようでおめでとうございます!

中林大樹さんと竹内結子さんは10年前に映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」で初共演したことがきっかけで知り合い、その後お付き合いが始まりました。

他にも共演作品として2013年公開の映画「ストロベリーナイト」、2016年公開の映画「残穢(ざんえ)」があります。

ところで、

  • 「中林大樹ってどんな人?」
  • 「中林大樹しらないけど誰?」
  • 「なんかドラマ出てたっけ?」

のような幻聴が聞こえてくるので、中林大樹さんについてまとめました!

内容は、

  • 中林大樹はこんな人
  • 中林大樹と竹内結子が共演した3作品
  • 中林大樹の他の出演作品

でお伝えしていきます^^

この記事を読めばあなたも中林大樹マニアになれます!

そんなに中林大樹に詳しくなりたくないな~という方は読まない方がいいかもしれません笑

それでは早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク








中林大樹はこんな人

 

中林大樹の基本情報
  • 本名:中林大樹
  • 生年月日:1985年1月6日(34歳)
  • 出生地:奈良県吉野郡大淀町
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優
  • ジャンル:映画、テレビドラマ
  • 事務所:スターダストプロモーション
  • 趣味:スノーボード、バスケ

 

 

俳優デビューのキッカケは友人からのアドバイス

俳優デビューとなる2007年の前年、卒業まで1年と迫った大学3年生だった中林大樹さんは進路に悩んでいたそうです。

映画やドラマに出ている俳優を見て「自分もこんな風に人を感動させる仕事がしたい!」という想いを持ちながらも、他にやりたいこともあるなということで悩んでいました。

そんな中林三にとある友人が「今やりたいことをやれ!」と背中を押され、他の道を吹っ切る形で俳優の世界に飛び込みました。

悩みに対して本気で答えるお友達をもって幸せなことですね。

デビューから13年目に突入しているのでご友人のアドバイスに従ってよかったです。

デビューは2007年ドラマ「めぞん一刻」

中林大樹さんは2007年のドラマ「めぞん一刻」の五代裕作役でデビューしました。
12年前の作品ですが、覚えている人も多いようですね。

めぞん一刻は原作が高橋留美子先生の大人気漫画です。
名シーンをTwitterに上げている方がいたのでお借りします。


ちなみに音無響子を演じたのは伊東美咲さんでした。
これが竹内結子さんだったら運命的過ぎでしたね笑

それでは竹内結子さんと共演した作品は何でしょうか?
この記事の冒頭でもご紹介しましたが3作品あります。

中林大樹と竹内結子が共演した3作品

中林大樹さんと竹内結子さんが共演したのは下記3作品です。

二人が共演したのは3つとも映画で、しかもすべて竹内結子さんが主演を務める映画でした。
これもある意味運命的なものを感じますね。

しかし作中ではあまり絡みがないのでどのように二人が付き合い始めたのか、今後女優さんとお知り合いになるときの参考にお伺いしたいものです。

やはり同じ事務所というのは大きいのでしょうね。

それではそれぞれの映画での二人の役柄を確認していきましょう。

映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」での二人の役柄

2009年公開のこの映画が中林大樹さんと竹内結子さんの初共演作品でした。

東城大学医学部付属病院に勤務する田口は、救命救急センター部長で“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を取る速水に収賄の疑惑ありとの匿名の告発文書を受け取る。院長の依頼を受け、疑惑の真相を巡る調査に乗り出す田口だったが……。
引用元:映画.com

作中で中林大樹さんは川村明役
竹内結子さんは主人公の田口公子役

映画「ストロベリーナイト」での二人の役柄

2度目の共演作品となったのは4年後の2013年に公開された映画「ストロベリーナイト」でした。

ある雨の夜、暴力団・龍崎組の下部構成員・小林充の刺殺体が発見される。遺体の状況は別の2つの暴力団員殺しと共通性があり、捜査一課では連続殺人として組対四課と合同の大掛かりな捜査会議が行われる。しかし、単純な暴力団内の抗争と見る組対とそれに疑問を持つ姫川・日下率いる捜一は対立し、別々に捜査を進めることになる。
引用元:Wikipedia

中林大樹さんは大山聡役
竹内結子さんは主人公の捜査一課刑事姫川玲子役

映画「残穢(ざんえ)」での二人の役柄

3度目の共演となったのは映画「ストロベリーナイト」から3年後の2016年公開の映画「残穢(ざんえ)」でした。

作者と同様のプロフィールを持つ作家<私>が、東京郊外のマンションで起こる怪異に迫っていくホラー作品。実在の作家の平山夢明や福澤徹三が物語の登場人物になるなど、モキュメンタリーを連想させる作劇となっている。
引用元:Wikipedia

中林大樹さんは岡谷マンションの向かいの住人の益子さんの夫役
竹内結子さんは主人公である心霊現象に否定的な小説家の私(小松由美子)役

3作品とも濃い内容の映画ですので、お時間があるときに見てみると良いと思います。

それでは中林大樹さんの他の出演作品を見てみましょう!

中林大樹の他の出演作品

中林大樹さんは2007年のデビュー以降様々な作品に出演されています。

2010年 NHKドラマ「ゲゲゲの女房」相沢幹夫役


女優の松下奈緒さんが主演を務めた2010年のNHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」に相沢幹夫役で出演しています。

相沢幹夫は水木しげる先生の新しいアシスタントとして登場しました。

2017年 ドクターX」~外科医・大門未知子~有馬亘役


この作品では関西弁を操る若手ドクターを好演されていました。

今見れる作品!2019年 ドラマ「グッドワイフ」戸梶涼太役


現在絶賛放送中のドラマ、TBS日曜劇場「グッドワイフ」に戸梶涼太役として出演しています。

今まではあまり活躍の見られない役ですが、これから最終回に向けてどのように絡んでくるのか楽しみですね。

今回の結婚で話題性があるので、脚本に少し変更が加えられて中林大樹さんの出番が増えるかもしれません笑

話題のビジネス本「破天荒フェニックス」の表紙


倒産の危機に瀕した会社をV字回復させた破天荒社長田中修治さんの大ヒットビジネス小説「破天荒フェニックス オンデーズ再生物語」の表紙を中林大樹さんが務めています。

これが田中さん含めスタッフの方々に大変好評だったそうで、ドラマ化された際にはぜひ中林大樹さんに主役をやってほしいと言われたほど。

まとめ

今回は竹内結子さんとの結婚を発表した事務所後輩の中林大樹さんにスポットを当ててみました。

デビューは2007年のドラマ「めぞん一刻」で俳優歴13年の中堅どころの俳優さんです。

竹内結子さんとの共演は映画で3作品あり、二人の出会いのキッカケは初共演だった「ジェネラルルージュの凱旋」でした。

中林大樹さんは現在放送中のTBS日曜劇場「グッドワイフ」に出演中で、ビジネス小説「破天荒フェニックス」の表紙にもなっています。

これからの中林大樹さんのご活躍を期待します。

竹内結子さんとの結婚生活もどうぞお幸せに!

それでは今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!