ゆうたの(ドラクエドラマ)動画1話のネタバレ感想!本田翼最高!

2019年冬ドラマの深夜枠としてドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね(略称:ゆうたの)」が始まりました!

この冬ドラマの中で個人的に一番注目してたんです!

だって題名からして面白くないわけないじゃないですかww(あえて「w」を使いましたw)

※筆者注:「ゆうべはお楽しみでしたね」はドラクエ1で勇者がローラ姫を助けた後に宿屋で一夜を過ごした朝、宿屋の主人からいじられる時のセリフです。

ドラマ「ゆうたの」は原作が同名の漫画で、本田翼と岡山天音のダブル主演で実写化されました。

ストーリーの本筋としては「ドラクエX」(というオンラインゲーム)を通じて知り合ったおかもとみやこ(本田翼)とさつきたくみ(岡山天音)がひょんなことからルームシェアをするというラブコメディードラマになっています。

そこで今回は「ゆうたの(ドラクエドラマ)1話のネタバレ&感想!本田翼かわいすぎ」と題して、ゆうたののドラマ1話のネタバレを感想を交えながら紹介していきます!

ちなみにこのドラマは地域で放送タイミングが違ったり、そもそも放送しないということがあるので見逃した人や未放送地域の人はこの方法で見ている人が多いです。

それでは早速本題に入りましょう!

ドラマ「ゆうたの」1話のあらすじとは?

ネタバレの前に簡単なあらすじをご紹介しますね^^

オンラインゲーム「ドラゴンクエストⅩ」内で仲良くなったゴローさん(♂)とシェアハウスすることになった、さつきたくみ(ゲーム内では「パウダー」♀・岡山天音)。

シェアハウス開始当日、駅の待ち合わせ先で立っていたのは、ゲーム内のキャラとは似ても似つかないギャル系女子・おかもとみやこ(ゲーム内では「ゴロー」♂・本田翼)だった…!

最も苦手なギャル系女子とシェアハウス生活をすることになってしまった超奥手な男子・たくみ。ネカマ×ネナベの“パルプンテ”なシェアハウス生活開幕!
公式サイトより引用

 

ドラマ「ゆうたの」1話のネタバレ


※ここからネタバレがはさまるのでご注意ください!
「ゆうたの」は「ドラクエX」がオンラインゲームである、ということを生かした設定になっています。

どういうことかというと、本田翼と岡山天音が「ドラクエX」上では自身の性別とはそれぞれ逆のキャラクターでプレイしている、ことで二人が「お互いを同性である」と勘違いをしてしまうんです。

この設定を頭に入れてから続きをお読みください^^

みやことたくみの出会い

第一話では実際に二人がリアル世界で出会うところが描かれているんですが、二人が出会うまでネット上では1年以上の交流があり、二人はお互いを親友だと思える仲になっていました。

ネット上とはいえお互いが同性なんだと思えるということは、おかもとみやこ(本田翼)は男っぽい、逆にさつきたくみ(岡山天音)は女の子っぽいところが強いんだろうと思います。

そんなある日、ゴローが「アパートが取り壊しになるので家がない」とパウダーに伝えます。
パウダーは「自分は一軒家の祖父の家に一人暮らしなので部屋が余ってる。ウチ来るか?」と誘い、トントンとルームシェアが決定!

この時二人の中では、みやこはパウダー(たくみ)を「女の子」、たくみはゴロー(みやこ)を「男の子」だと勘違いしています笑

しかもたくみは以前「パウダーはネカマですよ」と公表していたので、たくみとしては

たくみの頭の中

「ゴローはパウダーが男だと知っている」

「ルームシェアの誘いに乗ってくるということはゴローは男

と思っているわけです。

そりゃそうだw

オンラインゲームを長年やってきて「ネカマ」の意味を知らないわけないよねw

※筆者注:ネカマとは「ネット上では女のキャラを使用するリアルでは男の子」のこと

待ち合わせ当日、たくみが指定の場所に行ってみると男ではなく明らかにたくみが苦手なギャルが。。

これはあせるわw

ネカマとネナベを知らなかったみやこ

メッセで「ゴローさんは女性なんですか?」とたくみがゴローに聞くと「そうですよ、パウさんと同じ女性です」と返信。

たくみは「ネカマって知ってますか?!」とゴローに聞きますが、みやこは「ネカマ」を知らないようだ。知らないけど話を止めるのが嫌だったのでそのままにしていたらしい。

しょうがないのでたくみは苦手なギャルに意を決して話しかけます。

たくみがギャルが苦手なのは昔ギャルからよく馬鹿にされることがあったので、今でもギャルが苦手なのです。

ここスゲー勇気出したな~、たくみ良くやったよ!

しかし、たくみの声掛けは勧誘と思われスルーw

それでもあきらめず話しかけて「ネカマとネナベ」の説明をするたくみに、「まさか、パウさん?」とやっとみやこは目の前の男がパウダーであることに気づく。

この経験だけでたくみの男レベルが10は上がったな

たくみにとってみやこに話しかける経験ははぐれメタル以上の経験値w

ちなみに「ネナベ」は「ネット上で男の設定で行動するリアル世界では女の子」のことで、このドラマではみやこ(本田翼)のことです。

自分がネナベなのにネカマ知らないとかw

すべてを理解したみやこは「どうすんのこれ!」といいつつ、すでに荷物を持ってきてるのでとりあえずたくみの家に向かいます。

ルームシェア開始!


なんだかんだルームシェアを前向きなみやこと、とは言っても男女二人でルームシェアなんて不安だと思うたくみ。

「リアルでは初対面だけど、お互いのことをゴローとパウダーとして一年以上の付き合いがあるし親友と思っている。信頼しているし大丈夫だよ!」とみやこは思っています。

でもたくみは女の子の免疫がなく、引越し後初めて二人でドラクエをした後、みやこが風呂に入ると、風呂前にある冷蔵庫前で水を飲みながらたくみは煩悩に悩まされ混乱します。

メダパニくらってますね

マヌーサ喰らえば何も見えないのにね

みやこはネット上のゴローと性格は変わらない

翌日みやこが自身が働くネイルサロンに行っている中、たくみが熱を出して寝込んでしまいます。

たくみが目を覚ますとなんとみやこが看病をしてくれていました。

みやこは「困った人は助けるよ」といいます。これは以前ゴローが言っていたことと同じです。

たくみは「あぁやっぱりゴローさんなんだ」と思います。

たくみはみやこのやさしさにゴローと出会ったころを思い出すのであった。

 

ここまでがゆうたの1話のネタバレになります。

続いて私の感想とみんなの感想もご紹介しますね^^

ドラマ「ゆうたの」1話の感想

「ゆうたの」はドラクエXのプレイシーンがちょくちょく出てくるので、ドラクエの用語や世界観を知っていると入り込みやすいかもしれません。

もちろん知らなくても楽しいドラマになっていますのでご安心ください^^

また、パウダーはキャラ設定がとても可愛いので、みやこじゃなくても「リアルも女の子」だと思ったでしょうね。

実際「自分はネカマだ(本当は男なんだよ)」とカミングアウトしたところ、同じパーティで遊んでいた何人かは引いていましたから笑

パウダーとたくみのギャップを岡山天音さんが上手に演じていて、しかもみやことの初めての出会いのところの慌てる演技は「ホントにそういう性格なのか」と思ったほど^^

一方の本田翼さん演じるみやこも、外ではギャルという男っぽさも見える女の子ですが、家の中ではメイクを落とすと地味系メガネの女の子になる見事なギャップ萌えキャラを演じています。

というかこの本田翼は必見ですw

本田翼さん自身もドラクエXのリアルガチプレイヤーなので楽しんでドラマを撮影してるんじゃないかな~^^

これから二人がどうなっていくのか非常に楽しみです!

ちなみにですが、個人的にはたくみが働いているアニメイトの店長役が声優の宮野真守さんだったことがうれしかったです!w

それではみんなのゆうたの1話の感想をご紹介します!

ドラマ「ゆうたの」1話のみんなの感想

みなさん楽しんで視聴したみたいですね^^

やっぱり本田翼カワユスって意見が多かったです!

次回もお楽しみですね^^

ゆうたの(ドラクエドラマ)1話のネタバレ感想!本田翼かわいすぎ!のまとめ

いやー本田翼さんが尊い笑

正直パウダーことたくみくんがうらやましい!

宮野真守さんありがとう!

ゆうたの(ドラクエドラマ)1話のネタバレ感想は以上となります。

見逃してしまった人はU-NEXTで独占配信中なので良かったら見てくださいね^^

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!